FuelPHP1.6セットアップ

今最も勢いのあるフレームワークFuelPHP

インストールしていきます。
ほとんどマニュアルに書いてある通りです。

動作想定はubuntu13 + nginx + php-fpmで動作させることを想定しています。

http://fuelphp.com/docs/installation/instructions.html

oilコマンドインストール

$ sudo curl get.fuelphp.com/oil | sh

oilコマンドにてセットアップ

$ oil create <project_name>

いろいろとダウンロードとセットアップされていきます。

そしてライブラリの更新をしろと言われるのでcomporser.pharをインストールしたディレクトリで実行。

$ sudo php composer.phar self-update
$ sudo php composer.phar update

php-fpmインストール

sudo apt-get install php5-fpm 

fast-cgiがソケットで動作していたらportで動作するように変更してください。
/etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

; listen = /var/run/php5-fpm.sock
listen = 9000

php5-fpm再起動

$ sudo service php5-fpm restart

nginx設定

インストール

$ sudo apt-get install nginx

locationの中身を変更します。
ドキュメントルート等はfuelphp内のpublicにするとよいかと思われます。
/etc/nginx/sites-available/default

location / {
    try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string
}

fast-cgiのphpを有効にします。

location ~ \.php$ {
    root           share/nginx/html;
    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index  index.php;
    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
    include        fastcgi_params;
}

nginx再起動

$ sudo service nginx restart

アクセス

http://localhost

fuelphpの画面が出てくればokです。

コメントを残す