microtime() 関数でPHPの実行時間を計測する

microtime(true)を使って計測

microtime関数を利用してPGにかかった時間を計測します。
microtime(true)にするとUNIX時間をマイクロ秒数含みでfloatで返します。
なので、PGの最初に取得した時間と終わりの時間の差を求めると処理にかかっただいたいの時間を求めることができます。

無駄にsha256のハッシュ値を10000回求める

<?php
$start = microtime(true);

for ( $i = 0; $i < 10000; $i++ )
{
    hash('sha256', 'hogehogehoge');
}

echo microtime(true) - $start . "\n";
// 0.017217874526978 

無駄にmd5のハッシュ値を10000回求める

$start = microtime(true);

for ( $i = 0; $i < 10000; $i++ )
{
    hash('md5', 'hogehogehoge');
}

echo microtime(true) - $start . "\n";
// 0.0058789253234863

sha256のほうが計算式が複雑な分時間がかかるようです。

コメントを残す