Googleカレンダーのスパム対策

会議招待機能を悪用したカレンダースパム

ことの発端は、先日私のGoogleカレンダーに対して、見たこともないロシア語だらけの予定が勝手に入っていました。大体この手のものはスパム&フィッシングなので、無視か削除して終了なのですが、Macのカレンダーと同期しているもので閲覧していたので、削除しようとすると辞退と返答しますがよろしいですか? とアラートが出ていたので返答したらアカウントがアクティブなのがわかってしまうので、PCからgoogleカレンダーを開いて、削除して様子を見ることにしました。

この問題世界中で発生しているようで、要はGoogleカレンダーの会議依頼招待機能がデフォルトで受信するに設定されているので、第三者からの会議依頼の招待が承諾していないのにいきなりカレンダーに表示されてしまう悪質なものでした。

設定を承諾のみに変更

何が原因かわかったので設定を承諾したもののみに変更してしまいましょう。

Googleカレンダーの設定を開きます。

予定の設定内の招待状を自動的に追加を「いいえ」に設定



これで悪夢のような画面が表示されなくなります。

しかし、メール等でスパムのURL付きの会議依頼などはまだ届いていると思いますので、サクッと削除してしまって下さい。

URLをchromeで開くとフィッシングサイトの警告が出ますので絶対開かないようにして下さい。



コメントを残す