MacでWindows10のISOイメージをUSBメモリへ書き込む

Windows10って今5GほどあってDVDに書き込めなかったんですね。64bitだけだったのですが容量オーバーでメディアに焼くことが出来なかったのでUSBメモリへ書き込みました。

今回はmacのコマンドラインからISOイメージをUSBメモリへを書き込むところまで行っていきます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

上記のリンクからwindowsのisoイメージをダウンロードします。

USBメモリを確認する

USBメモリをPCに刺します、disutilコマンドでどこにマウントされているか確認します。

$ diskutil list
 /dev/disk0 (internal):
...
..
/dev/disk2 (external, physical):
    #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
    0:     FDisk_partition_scheme                        *30.4 GB    disk2
    1:             Windows_FAT_32 USB3_NST1      30.4 GB    disk2s1

私の場合はDisk2にマウントされていました。

USBメモリをフォーマットする

MS-DOSのファイルフォーマットでフォーマットします。このときに対象以外をフォーマットしないように気をつけてください。

$ diskutil eraseDisk MS-DOS NONAME /dev/disk2
Started erase on disk2
Unmounting disk
Creating the partition map
Waiting for partitions to activate
Formatting disk2s2 as MS-DOS (FAT) with name NONAME
512 bytes per physical sector
/dev/rdisk2s2: 15350464 sectors in 1918808 FAT32 clusters (4096 bytes/cluster)
bps=512 spc=8 res=32 nft=2 mid=0xf8 spt=32 hds=255 hid=411648 drv=0x80 bsec=15380480 bspf=14991 rdcl=2 infs=1 bkbs=6
Mounting disk
Finished erase on disk2

処理の文字列が流れてFinishedとでます。

その後USBのマウントを外します。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

USBメモリに書き込む

以下のコマンドを管理者権限で行います。sudoをつけて行う必要があります。

$ sudo dd if=./Downloads/Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso of=/dev/rdisk2 bs=1m

しばらくかかります、反応が帰ってこないと思って辛抱して待っていてください。

コマンドの入力ができるようになると完了です。面倒な人は一回抜き差しすると書き込んだ内容を確認できると思います。



コメントを残す