eポートフォリオ構築CMSのmaharaを起動させてみた

eポートフォリオとは

eポートフォリオとは、
記録や実績を積み重ねていくポートフォリオをIT化して振り返りなどを
行いやすくするツールと言われています。

参考 eポートフォリオ入門 イントロダクション▼01

eポートフォリオ管理CMS mahara

eポートフォリオを構築して記録をつけていけるシステムにmaharaというソフトウェアがありました。

早稲田大学なんかも導入されているのですね。 情報化推進レター 巻末コラム

ダウンロード先
mahara dwonload

maharaを起動する前に

お手軽環境ではPHP5.4以上とMySQLが動作する環境が必要になります。
PHP5.4以上だとビルドインサーバを利用してお手軽に起動できるためです。

DB設定が必要なのでMySQLにDBをあらかじめ作成しておいて。
htdocの中にconfig-dist.phpがあるのでそれを編集します。

config-dist.phpをconfig.phpへリネーム後編集
[php firstline=”30″]
/**
* database connection details
* valid values for dbtype are ‘postgres’ and ‘mysql’
*/
$cfg->dbtype = ‘mysql’;
$cfg->dbhost = ‘localhost’;
$cfg->dbport = null;
$cfg->dbname = ‘mahara’;
$cfg->dbuser = ‘root’;
$cfg->dbpass = ‘root’;

85行目あたりの uploaddirを編集
[php firstline=”85″]
$cfg->dataroot = ‘../uploaddir’;

忘れずにuploaddirを作成しておく
一つ上のディレクトリ構成はこんな感じ


$ mkdir ../uploaddir
$ ls 
COPYING		ChangeLog	Makefile	README		htdocs/		phpunit.xml	uploaddir/

htdocs/ の中でPHPのビルドインサーバを起動させて、
お手軽にmaharaを起動させてしまいます。


$ php -S 0.0.0.0:9000

これで http://localhost:9000/ でアクセスすることができます。

とりあえずインストール画面が開くのでぽちぽちと押していくとスクリーンショット 2014-02-19 01.24.26

スクリーンショット 2014-02-19 01.24.59

スクリーンショット 2014-02-19 01.25.12

スクリーンショット 2014-02-19 01.26.06

何やらインストールが完了したようです。
一応起動しているようですが、
ページが切り替わるたびにID, パスワードを求められるのは何かセッション系の部分がおかしいのでしょうか?
入力すれば動くので何とも言えないところです。
uploaddirにsessionの格納場所が作られていたのでそこかなぁ、
順に追っていけばわかりそうなのですが長くなりそう。。。



コメントを残す