定期的にコマンドを実行する “watch”

watchコマンド

定期的にコマンドを止めるまでひたすら繰り返してくれるコマンドです。
Unix系とmacで利用できました。

こんな感じで利用できます。

cのコンパイルを10秒おきに行う


$ watch -d -n 10 "cc test.c"

コンパイルエラーのときにはこんな感じで出力されます。


test.c:6:1: error: use of undeclared identifier 'a'
a
^
1 error generated.

何度もプロンプトに戻ってコマンドをたたく手間が省けます。

オプション

-d オプション: 前回との差分を強調して出力

-n 更新間隔: 繰り返しインターバル時間

-e エラーが出たら抜ける: コマンドにエラーが出たらキーを押すまで止まる


$ watch -e -d -n (実行する間隔) "command"



コメントを残す