コマンドラインでのTODO管理



TODO管理

思った以上にコマンドライン上でのTODOが使いやすかったので導入と使い方

インストール

これのインストール

NPMが入っている状態であればいつものnpm installでok

$ npm install todo -g

基本的な使い方

至ってシンプル

$ todo

TODOの追加

$ todo add あそこのソースコードにパラメータ1を追加する @project01
$ todo add あそこのソースコードにパラメータ300を追加する @project02

TODOを見る

$ todo

     1.  ✖  あそこのソースコードにパラメータ1を追加する @project01
     2.  ✖  あそこのソースコードにパラメータ300を追加する @project02

タグ付けされているTODOのみ表示

$ todo ls @project01

     1.  ✖  あそこのソースコードにパラメータ1を追加する @project01

TODOを終わらせる

$ todo check 1
$ todo
     2.  ✖  あそこのソースコードにパラメータ300を追加する @project02

TODOを他の環境でも読み込めるようにする

TODOを追加するとHomeに.todo-db.jsonが作成されるのでDropboxとか共有の所においておく
.bashrcなどに以下を記述



export TODO_DB_PATH=~/Dropbox/todo.json

.bashrcを反映

source $HOME/.bashrc

以下ヘルプの和訳

使い方
  todo: コマンドラインのTodoツール

  Usage:

    todo                     Todoの表示
    todo help                コマンドの一覧表示
    todo add Go shopping     Todoを追加する
    todo ls                  Todoの表示
    todo ls @tag             タグ付けされているTodo表示
    todo ls ~@tag            タグ付けされている以外のTOdo表示
    todo ls --all            終了済みTodoも表示
    todo ls --done           終了済みTodo表示
    todo check 1             Todo No1を終了
    todo mv 1 42             Todo Noの変更
    todo undo 1              Todoを未終了に変更
    todo rm 1                Todoの削除
    todo clear               全てのTodoを削除
    todo clear --done        全ての完了済みTodoを削除
    todo renumber            Todo番号の再番

  環境変数:

    TODO_FORMAT=pretty                Todo表示フォーマット (simple, pretty, mini) [default: simple]
    TODO_DB_PATH=~/Dropbox/todo.json  TodoDBのファイル名指定 [default: ~/.todo-db.json]

コメントを残す